×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャパニメーション

月夜のコマ回し

ジャパニメーションの高品質

映画化や実写化されるアニメは多いですが、成功したものって意外と少ないように思います。
ハリウッド版の「ドラゴンボール」は何もかもが、納得できる出来ではなかったように思います。

 

私が見た中で1番実写化が成功した映画は「デスノート」です。
キャスティングは勿論、ストーリーや漫画を読んでいる人にとっても満足いく内容だったように思います。

 

最近になっても「つれがうつになりまして」や「るろうに剣心」や実写されるそうで、色々な意味で楽しみです。
「らんま」についてもニュースを見たとき、「面白そう」と思った反面、「おとさんパンダをどう表現するのだろう」と思ってしまいました。

 

デスノートのデュークのように違和感無く、表現してもらいたいと思います。
あれはCGを使って、上手にリアルの人間と死神を同居させることに成功していましたからね。
でも、CGだと制作費が高くなってしまうから、らんまには望めないのかな??

 

最近はTvのドラマでも漫画原作が普通になってきました。
結構数字をとって続編や映画化になるのも漫画原作は多いと思います。

 

色々理由はあるのでしょうが、ストーリーがしっかりしていたり、キャラクター設定がしっかりしていて、見ていて安心するのだと思います。

 

つくづく日本のジャパニメーションは凄いです。 
ただやっぱり、ワンピースとかナルト、HUNTERXHUNTERあたりは、絶対に実写化しないでもらいたいですね。
しょぼくなるのが目に見えています。

 

ジャンプのマンガが面白くなる時

週刊少年ジャンプなどで新連載として始まったマンガがあるとします。
最初の方で人気が集まってくると、優秀な担当者が付いたりするのですが、そこからの展開は急展開することがあります。

 

例えば、天下一武道会のような大会が開かれたり、ボス的な敵が出てきて、そいつに仲間がさらわれたり、などなどです。

 

そういったバトル要素を出すことによって、急にストーリーを盛り上げていくんですね。
なぜなら少年少女たちは、やっぱりそういう展開が大好きなのです。

 

地獄先生ぬ~べ~のような、最初はあまりバトルとは関係ないものでもそうでしたし、「たけし」とかもそうでしたよね。

 

そんな観点で、これまでの作品を振り返ってみるのも楽しいかもしれません!


ホーム